Webの基礎が学べる有料オンライン動画はじまりました。

Web専門スクール「デジハリのママクラス」を卒業後在宅ワーカーに!勉強と家庭の両立とはじめてのお仕事

デジタルハリウッド大阪校 ママクラス卒業

「自宅で高収入が得たい」
「Webのことを学びたい」
「自分の得意なことを活かして働きたい」

パソコンとWebなスキルを身につけたら在宅ワークで高収入も夢じゃない!

Web専門スクール『デジタルハリウッド大阪校』のママクラス卒業後にフリーランスとして独立されたMADOKA(まどか)さんにお話を伺ってみました。

あいみん

今回の取材で一番びっくりしたのが子連れOKなママクラスがあるということ!育児と両立しながら学ぶのって大変だけどどうやって勉強してきたんでしょうか?MADOKAさん今日はよろしくお願いいたします!
はい!MADOKAです。どうぞよろしくお願いいたします!

MADOKAさん

Web学校を卒業して1年も経たないのにフリーランスとしてお仕事をされてるMADOKAさん。取材を通して、彼女が順調にお仕事ができている理由が見えてきました。今回はそこに注目してみたいと思います。

あいみん

これからWebスクールに通いたいと思ってるママは参考になりますよ!

アナログだったMADOKAさんがWeb専門スクールに通ったきっかけ

はじまりはハンドメイドアクセサリーで在宅ワーク

ハンドメイドアクセサリーで在宅ワーク

大卒後、医療系で8年もバリバリ働かれていたMADOKAさん。
結婚を機に退職されたそうです。

結婚して夫の住んでる所に引っ越しをしたので、勤務地が遠くなり仕事を辞めざるを得ませんでした。

MADOKAさん

その後、お子さんを出産。
育児をしながらも好きなことをしながら自宅で収入を得たい!

そう思ったMADOKAさんは自宅でハンドメイドアクセサリーを始めたそうです。

創作が好きなんです。娘もまだ小さかったので外に働きに出るのは難しい。自宅で何かできないか・・・と思い始めました。

MADOKAさん

あいみん

そうなんですよね。女性が家で働きたいって思うきっかけって90%が結婚や出産、育児を機に考える人が大半なんです。
アクセサリーを手作りで作ってネットで販売していました。
ネットショップを作るのはとてもハードルが高く、Webに詳しい夫にお願いしてサイトを作ってもらいました。ネットでの販売は、minnecreemaを利用していました。

MADOKAさん

MEMO
自分でネットショップを構築して販売するより、minnecreemaなどのショッピングモールを経由して販売する方が初めは売りやすいんです。なぜなら、そのショッピングモールはアクセサリーを書いたい人が既に集まってきているから。
自分でサイトを構築すると、まずは「サイトに見にきてもらう」というところから始めないといけないので売れるまではとても長い道のりなんです。

子育てとの両立に苦戦

在庫を抱えないといけないハンドメイドアクセサリー。
仕入れなどの先行投資が必要です。

また、細々とした作業を1才の子供がいる隣でしなければならないハードルの高さ。時には『早く寝てくれないかな・・・』なんて思ってしまうことも。

そうやって、子供がいるから仕事ができない!なんて感じてしまうことが、いつからかMADOKAさんのストレスになってしまったそうです。

ハンドメイドの仕事を通してWebの面白さに気づく

旦那さんに作ってもらったハンドメイドのサイトはワードプレスで構築されていたそうです。そこでMADOKAさんはワードプレスの投稿スキルを身につけました。

商品の紹介とかお店の営業など、ワードプレスでサイトを更新するという作業が必要でした。そこで初めてワードプレスを覚えたんです!

MADOKAさん

ハンドメイドの販売を通して

Webの世界がもっと知りたい!
自分でWebデザインができるようになりたい!

そう強く感じたMADOKAさんは、Webの専門スクールへ入学することを考えました。

あいみん

なるほど!自分の趣味のハンドメイド制作からWebの世界を知って、そこから勉強を始められたのですねー!どこで繋がるか分からないですね。
もともと夫がデジタルハリウッドWeb専門スクールを卒業していたのもあり興味があったんです。

MADOKAさん

とはいえ、MADOKAさんにはまだ未就園児の子供がいて自由に動けない時期。
学校に通うのはとても簡単なことではありませんでした。

そんな時・・・!
なんとデジタルハリウッド大阪校にママクラスというママのためのクラスが開講したのを知り「これだ!」と思って入学されたそうです。

デジハリ大阪校のママクラスで6ヶ月勉強

デジハリ大阪校のママクラスで6ヶ月勉強

なんと子連れOKなママのためのWeb学校。
Webサイトを構築するに必要な、デザイン・コーディングが半年で学ぶことができるクラスです。

デジハリ ママクラスの学習スタイル

MEMO
第一線で活躍しているWeb関連の人に「Webスクールといえば?」と聞くと「デジハリ!」と大半の人が答えるほど歴史も古く多くの卒業生をWebの世界へ送り出してるのもデジハリ。
学校は全国各地にありグラフィックからWeb、動画制作など幅広く学ぶことができるのが特徴です。
学習はデジハリが24年間をかけて開発した、確実にスキルが身につく「ハイブリッドラーニング」。動画でスキルを修得し、分からないところはプロから直接学ぶことができるハイブリッド型の教育スタイルです。

あいみん

私もデジハリの特別講師として京都校と大阪校で在宅ワークの働き方をお話に行くことがあるんですが、勉強会やイベントも頻繁に開催されてるので、気になる人はまずは近くのデジハリを調べてみて見学に行かれることをオススメします。
デジタルハリウッドなんば校に潜入取材 Webの専門スクール「デジタルハリウッド」子連れ学べるママクラスについて【紹介割引あり】

1日5時間、週5の勉強を半年続けた

驚きだったのが、MADOKAさんは1日5時間の勉強を半年間続けられたそうです。

あいみん

えーーーー!!?凄い勉強してますね。1日5時間!?しかも5日間も!?お子さんいて勉強できました??
ママクラスの受講料は決して安い金額ではありません。入学する前に「絶対にスキル身につけてやる!」という強い覚悟で入学したんです。それはそれは必死でした。後はないと思っていたので・・・笑

MADOKAさん

デジハリの教育スタイルは、まずは動画でスキルを習得実践する。その中で不明点はプロの先生に学校内で質問をすることができます。
自宅や好きな場所で動画で勉強し、教室では学んだことをプロに教わる・・・
一見取り組みやすそうに感じますが、子供がいる環境で学習スケジュールを全て自分で組んで確実にクリアしていくのは至難の業なんです。

デジハリ推奨は・・・?
デジハリ ママクラスのカリキュラムは1日3時間、週5日1週間で15時間の学習時間を想定して作られています。

あいみん

デジハリ推奨の15時間よりはるかに勉強する時間を作ってきたMADOKAさん。すごい・・・育児も家事もあって両立って一体どうされたんですか?
とにかく必死でした。いろんな壁にぶち当たりながらも乗り越えてきた感じです。

MADOKAさん

そこで、MADOKAさんに勉強のコツや、学ぶ前に知っておくと良い心得などを聞いてみました!

勉強と家庭の両立のコツ

自分のスケジュールを構築する

自分の生活スタイルにうまく勉強の時間を組み込むことで順調に進めることができるカリキュラムですが、MADOKAさんはどうやってスケジュールを組んできたんでしょうか?

私の場合、動画を先に見倒しました。とにかく先に先に進んで後の時間は余裕を持って復習の時間にあてたかったんです。

MADOKAさん

あいみん

6ヶ月という定められた期間内でいかに効率良く学ぶことができるのか?
始まる前にしっかりと考えられてたのですね?
はい。でも必死でしたけどねw 思っていたように進まない時もありました。だからこそ、余裕を持って学ぶには時間がある時にはどんどん先に進むスタイルで勉強をしていました。

MADOKAさん

POINT!
前倒し法でスケジュールを管理!

納期に追われる在宅ワークも共通して言えるんですが、子育や家事がある忙しい私たちが仕事や学習をすることってとても大変なことです。
だからこそ、私もお仕事の中で「前倒し法」を活用しています。
時間ができたらどんどん前に進んでいく。できることは先にやってしまうんです。後から余裕を持たせることが大事!

あいみん

とはいえ、、人間なのでたまにはサボったりだらだらしたいものですけどね・・・そんな時はどうしてました?
私、没頭したら何時間でもパソコンできちゃうタイプなんです!笑 好きなことはずっとやってられるので苦痛じゃなかったんですよねー

MADOKAさん

な・・・なるほど!
そもそも、やらされてる感で入学してないってことがMADOKAさんがしっかり学べた理由だと分かりました。
やりたい!という強い気持ちがあったからこそ、楽しんでどんどん前に進むことができたんですよね。

素晴らしいです(深々

家族の協力を得る

夫の協力なしでは続けられなかったと思っています。本当に夫には感謝しています。

MADOKAさん

ここで見えてきた家族問題
在宅ワークでもあるあるな問題点です。

家庭のある私たちにとって何を始めるにも家族の協力があってこそ。理解が必要なんです。

あいみん

私なんて在宅ワークはじめた時、主人にパソコン開いてるだけでイライラされましたよ・・・笑
家族の時間なのにパソコンばっかり見るな!って。仕事なのに!(怒)
そうだったんですか!?逆にその中で続けてこれたコツ知りたいです・・・笑
私の場合、夫も同じデジハリ卒業ということもあり、学ぶことの大変さを理解してくれてたのも大きな理由かと思います。もちろん、ぶつかって大ゲンカしたことも何度もあります。その中で、きちんと互いの考えや気持ちをぶつけ合って、家族内ルールみたいなものを決めていったことが乗り越え る一歩だったと思っています。

MADOKAさん

私もずっと悩んで苦しんだ夫との問題。
家族の理解が得られないまま学習を続けていると確実に揉め事が発生します。
せっかく頑張って勉強しよう!と思ってるのに、イライラで前に進まない。
悪循環の始まりなんです。

あいみん

だから、在宅ワークも勉強も、何を始めるにも・・・前提に家族がいることを忘れないで取り組むようにしました。ま、、それが家族なんですよね!

たまには子育てを夫に任せて集中して勉強がしたい!
たまには子供に一人で遊んでもらってその間に勉強したい!

当たり前のようなことが当たり前にできなくなる。
その壁に何度も何度もぶち上がっては這い上がってきた。

生活環境も家族構成も、家族との関係も、自分の性格も。
人は人それぞれ。だからこそ、仕事も勉強も自分スタイルを見つけた人が前に進んでいけるんだろうなと思います。

あいみん

なんだか順調そうに思えますがー・・・環境で心折れそうな時なかったんですか・・・?
ありますよ!あります!!いっぱいありますよ!!(涙)もっと話聞いてほしいです!!!!!!

MADOKAさん

いきなり熱く語り出したMADOKAさんw
そりゃそうですよね、ママが勉強するってエベレスト級のハードルですよね。(ご苦労様ですm(__)m)

そんなMADOKAさんが数々のしんどい試練を乗り越えられたコツ聞いてみました。

なりたい人を追いかけ続ける

しんどい時は、とにかく「あの人になれるにはどうすれば良いのだろうか?」を考えていました。

MADOKAさん

自分の目標を明確に特定することで、常に希望を持ちながら進んでいく
これとっても重要なことです。

特に、Webの世界で活躍されてる方のほとんどがTwitterやインスタなどのSNSで何かしら情報発信をしています。常に情報を収集し自分の脳にインプットする!これ何気にすごく重要なことなんです。

Twitter使ってますか?
Twitterってはじめるまでは苦手意識が…とよく耳にします。でも使い方は自分次第なんです。
例えば、つぶやきたくない人は、ただつぶやいてるのをチェックするだけでも良し。最新のニュースをチェックするためだけに使用したり。
また、人に見られなくないアカウントは非公開に設定することも可能です。

あいみん

お仕事だけでなく、地震などの災害情報、各地の天気とか話題のニュース…情報がいち早く得られるツールでもあるんです。

日々変化していくWebの世界。
でも、本を買ってネットで検索して・・・時間がかかるんです。

だからSNSがあります。
その中でもTwitterは気軽につぶやけてリンクもシェアできるのでWebの有益な情報を拾うことができるんです。

デジハリのママクラスで苦戦したお話
MADOKAさんのように入学前に事前に心構えができていると、いざ勉強!となっても家庭との両立をなんとか乗り越えられるのですが、そのハードルの高さを入学してから気づいてしまうと両立に苦戦して断念せざるを得ないケースもあるそうです。

高額な学費を支払うこと、夫に協力してもらうこと、この半年間は絶対に無駄にはできないこと。家族と自分に言い聞かせていました。

MADOKAさん

あいみん

そうなんです。
私は独学でWebを学んだけど2年かかりましたからね。それが今では学校で6ヶ月で習得できる。
しかも自分のライフスタイルに取り込みながら自由に学べる教材もあり。恵まれているなーと感じます。がしかし、だからこそ自己管理や家族の協力がないとうまく進めなくなってしまうんですよね。

子連れで学習サポートを受けたことはあるの?

デジハリママクラス なんば校

デジタルハリウッド大阪校のママクラスは分からないところを質問する時も子連れで通うことができるんです。

あいみん

MADOKAさんのお子さんもまだ小さかったと思うんですが、お子さん連れて行かれたことはあるんですか?
幼稚園に通ってる間に学校に行くようにスケジュールを組んでいましたので実際は子供は連れて行ったことないんですが、いつ何が起きるか分からないので子連れOKな時間帯があるだけで気持ちは救われていました。

MADOKAさん

ほんの数年前までは、子連れで勉強なんてできないものだと諦めていました。
でも今では、お母さんだって勉強できる時代!

子連れOKな勉強会も主催!
「お子さん連れはNG」これまで多くの勉強会やイベントを子供がいるを理由に断念してきた私。
でも・・・勉強したい!
そんな夢を叶えたくて月に1度子連れOKな勉強会を開催しています。
これから在宅ワーカーになりたい人、既に活躍してる在宅ワーカーが集う場所です。こういった場所で横の繋がりを作ることも在宅ワークを始める大きな一歩になるんです。

現役在宅ワーカーに聞ける!子連れOKの在宅ワーク勉強会開催中 現役在宅ワーカーに聞ける!平日の午前中子連れOKな在宅ワーク勉強会開催中

デジハリママクラス卒業後の活動

デジハリのママクラス勉強と家庭との両立

デジハリを7ヶ月で卒業したMADOKAさん。
卒業したら終わりではなく、ここからが本当のスタート。フリーランスという未知な世界の始まりです。

あいみん

卒業をしてからお仕事をもらうまでの道が、実はとっても大変なんですよね。私も多くのご相談をいただきます。

年々増え続けてるフリーランス。スキルは身につけたものの未経験だと雇ってもらえない企業も多々。そんな厳しい世界でMADOKAさんはどうやってお仕事に繋げてきたのでしょうか?

知人や紹介からWebサイトの依頼をもらう

勉強中の時からWebデザイナーとして活動していくことを周囲に伝えていました。たまたまいつも通ってる美容院から制作依頼をいただいたんです!

MADOKAさん

いざフリーランスになったところで、仕事は急に降ってくるわけではありません。

だからこそ、Webの勉強をしていることを周囲に伝えたりWebイベントなどに参加して横の繋がりを作るなど種まきが大事なんです。
通学中にできることは勉強だけではないんです。

あいみん

私が独立した時も、真っ先に自分のサイトを構築しました。それも実績のひとつですし、制作したものは全てそのサイトに掲載する!この流れが大事!

ポートフォリオをWebサイトと紙で作った

ポートフォリオは必須です!!!!私はこういうことができます!って、サイトや紙を見せることでお仕事に繋げることもできました

MADOKAさん

ポートフォリオとは?
「私は何ができるのか?」を示す実績を集めたものをポートフォリオと言います。
自分が作ったデザイン、Webサイトの構築など、そこを見ると作った実績が丸っと見れるので面接などでは必須。また、名刺代わりに持ち歩く人もいます。

あいみん

そういえば私も10年前、面接で必要って言われてポートフォリオ作ったなー。今はワードプレスでポートフォリオ用のテンプレートもあるから比較的簡単に構築できちゃいますよね!
私も先生からポートフォリオを作るといいよ!とアドバイスいただきました。通学中は色々なイベントにも参加できるので積極的に参加していましたよ。

MADOKAさん

実際に案件にチャレンジ!どうだった?

一見順調そうに見えるMADOKAさんですが、依頼してもらった案件を一人でこなすには、それはそれは苦労されたそうです。

ひとつのことをクリアするのにものすごく時間がかかるんです。聞きたいけどもう先生はいない。googleで検索したり本で調べたり・・・

MADOKAさん

そしてまだ経験が浅いこともあり、比較的安くでしか受注ができないという問題もあります。
フリーランスのはじめのうちは全て経験・実績になると思って数をこなすこと!これが一番なんですよね。

あいみん

ついつい高望みしてしまって、理想と現実の違いで挫折してしまう人も多いんです。コツコツとポートフォリオに実績を掲載していくことを心掛けてくださいね。
勉強は365日続ける
フリーランス講師としても活動している私がいつも言わせていただくのが、Webのスキルは毎日身に付けることができるということ。
例えば、バナー広告画像の制作。自分で課題を出して1日1つバナーを作る。すると365日後には確実にデザインスキルとスピードは確実にスキルアップしてます。
また、その作ったデザインはポートフォリオとして公開してください。どこかで誰かがあなたの制作を見つけてくれます。
きっと1年後にはクオリティを生み出すスピードがUP!フリーランスとして時給をあげるコツなんですよ。このようにWebでしっかり収入を得ている人はみんな努力しています。
なるほど・・・せっかく学校で頑張って身につけたスキル。もっとかっこいいデザイン作ってWebサイトもどんどん実績つけたいと思っています!

MADOKAさん

まだまだ意欲満々なMADOKAさん。
今は週3パートでWeb担当のお仕事をされながら、月に1案件ペースでWebサイトを自宅で受けられているそうです。

子供が小学校に上がるまでにもっとスキルアップして高収入を得られる在宅ワーカー目指します!

MADOKAさん

今回の取材を通して、順調そうに見える人ほど陰ながら努力をしているということが分かりました。
「あなただからできる」
なんて言われてしまいそうなこの時代だからこそ
「そう!私だからできるんだよ!」
その個性に自信を持って、たとえひきこもって家で仕事をしてても努力を惜しまず自分の強みに気付き前進していくこと。

とても勉強になりました。

あいみん

MADOKAさんと話してると10年前の自分を見ているようでした。私も応援していますよ!頑張ってー!

勉強も在宅ワークも十人十色。在宅ワークナビでは、他のデジハリ卒業生の取材もしていく予定です!

MADOKAさんについて

AND M

Webデザイナー、グラフィックデザイナー

Web制作全般、WordPress、チラシ・ポスターデザイン、イラストも描けます。

@_andmf
運営サイト:ANDM

デジハリなんば校のママクラスも取材してきました!合わせてどうぞ^^/

デジタルハリウッドなんば校に潜入取材 Webの専門スクール「デジタルハリウッド」子連れ学べるママクラスについて【紹介割引あり】